THE寿

鈴がきままに書き綴る日記

 

中学時代にキューピットさん占いをやった時の話

みなさんも一度は興味本位で行ったことがあるかも知れませんが、私が中学生の時、こっくりさんとキューピットさんという占いが流行っていました。

いずれも2人1組で机に向かって行います。紙に“あいうえお”の50音とYES/NO、真ん中に鳥居のマークを書き、こっくりさんは鳥居の上に10円玉に二人の人差し指を置き、質問したいことを聞くと、その答えが10円玉で指し示されるものです。キュ-ピットさんは、10円玉ではなく赤鉛筆を2人で持ち同様の事を行います。
ホントのやり方ってあるのかわからないですが、噂では同じ部屋で複数の人がやってはいけないと言ってました。
ですが、中学生なのでみんなやりたいですよね。自分の意思とは関係なく10円玉や鉛筆が動くのですから。

放課後、先生に怪しまれない程度カーテンを引き、教室のあちらこちらで机に2人向かいその周りを数人が取り囲むという、小さいグル-プ何組かできキューピットさん占いを楽しんでいました。

私と友人YとWの3人はあまりそういうのに興味がなく、特に友人Yは怖いので嫌だと言っていました。皆が楽しんでいる間、教室からは離れ違うところで放課後のおしゃべりを楽しんでいたと思います。

そろそろ帰宅時間だし・・・という事でカバンを取りに教室に戻ろうと近づくと、Yはしきりに「嫌だ!嫌だ!あそこ(教室)には寄りたくない」と言い出しました。カバンを取らなければ帰宅できないよとWと宥めると、緑が沢山ある「あそこには帰りたくない!」と言い始めたのです。

カ-テンは白色で緑でも何でもないですが、、、そして、程なくして今度は「水が飲みたい」と言い出し、教室近くにある水飲み場に行きました。Yは蛇口をひねり水を飲もうとした時に私はびっくりしました。何とYは両手を蛇口に挟むようにひねりだしたのです。まるでテレビの映像で見たサルや動物が蛇口や瓶の蓋を器用に開けるような姿だったのです。

Yの目を見ると、焦点が定まっていません。

冗談でやっている様にも思えず、これは何かおかしいと思ったのはWも私も同じでした。
結局両手で蛇口をひねれる訳でなく、私かWが手助けしたと思います。

あまりの衝撃的な行動で詳細は覚えていません。
そして、怪奇な行動はまだ続き、今度は塩を持って来いと言うのです。何とかしないといけないという気持ちから、家庭科の先生なら塩を持っているだろうと先生の所に行き塩が欲しいと伝えると不可解な顔をされながら、食卓塩を手渡されました。小さい瓶でしたが2/3は残っていたと思いますが、Yに渡すと廊下に座り込み、またもや両手で蓋を開け始め、今度は自力で開けることができた、その瓶を両手で持ち、廊下にばらまいていました。

そして、塩が全部なくなると、足りないからもっと持って来いと言うのです。
もう私もWも怖くなり先ほどの先生の所に行きまたもや塩を欲しいとお願いに行きました。
さすがの先生も私たちの異変に気づき何があったのかを聞かれたので、経緯を話しました。

先生もかなり驚いていましたが、Yを教員休憩場に連れて行き、椅子に座らせ落ち着かせていました。30分ぐらい経った頃でしょうか、Yはちょっと疲れた顔をしながらも、いつもと変わらない様子で休憩所から出てきたので私たちは一安心し「バイバイ」と帰宅しました。

翌日会うといつもと変わらずいつものYが教室にいました。昨日は大丈夫だったかと尋ねると全く何も覚えていないのです。
またもYに昨日の出来事を話しましたが、ポカンとした表情で、演技をしている感じにはみえませんでした。
その後、何度かあの日の事をYに聞きましたが、いつも答えは同じで記憶にないと言われます。

ホントかどうかわかりませんが、あの類の遊びで出てくる霊は低級な霊が多いと聞きました。
きっと、そういう霊が怖い怖いと言っていたYに憑依したのだと思います。

関係している人たちが大事に至らず良かったと心の底から思っています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 怪談
ジャンル :

 
鈴のプロフィール

THE寿

Author:THE寿
某大手化粧品メーカーの下っ端雑用係の鈴です^-^
職業:OL/居住地:路地裏/趣味:統計学と易学/特技:もぐら叩き/好きな食べ物:いちご

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR