THE寿

鈴がきままに書き綴る日記

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税理士と簿記一級、私が選びたい資格

税理士と簿記一級。どちらを選ぶかというのは悩みどころだと思います。
難易度的にはどちらも同じという話を聴いたことがありますし、企業の財務について学ぶという点で言えば似ているとも言えます。

受験資格が無ければ簿記一級を、というのはしごく真っ当な意見となりますね。意欲があっても受けられなければ仕方がないのですから。こうなると最初から簿記一級を目指す方が話が早いような気もします。
しかし受験資格があるのであれば税理士を目指すのもという意見にも納得です。と言いますか、どちらか二つを選ぶのであれば、私だったら税理士を最終的に目指してみたいと思いました。簿記一級と税理士、何と言っても圧倒的にネームバリューがあるのは税理士の方でしょうから。

簿記一級の知名度と言ったらどの程度なのでしょう。実際に簿記一級を取得している私ですが、そのような話に疎い人にその事を伝えてもよく分からないという反応をされる事が多いです。結婚して主婦になり、全く違う業種のパートタイムの仕事を探す時に資格欄に記入した事がありますが、この学生さんが頑張って取るみたいな資格は何だろう?と思われているような節さえあり、なんとなく悔しい思いをしたことを思い出します。
その点税理士と言えば、下世話な言い方をすれば誰もが「おお」と思う資格でしょう。企業の中でキャリアアップを望んでいるとしても、その際に接する人々が皆簿記一級と税理士について詳しいわけでは無い事でしょう。そうなるとどうしても「税理士」という言葉の響きに目が行くように思います。
そうなると後はやる気の問題ではないでしょうか。スキルアップのため、そして個人的にも好みの内容で勉強を進めていきたいという大きな動機があるのですから、コツコツ学び進めていくのは割合楽しいかもしれません。そういうエンジンが自分の中でかかるのであれば、簿記一級で諦めてしまわずに税理士資格まで目指していくのも良いような気がします。

何よりも税理士資格まで手に入れることが出来れば、自分にとって大きな自信につながるのではないでしょうか。
そしてそれは、人生の次のステップへの大事な一歩となるように思います。
関連記事
スポンサーサイト
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。