THE寿

鈴がきままに書き綴る日記

 

運転免許を取得する際の適性試験とはこのような試験だ

運転免許を取得する際の関門と言えば、適性試験です。「試験」と聞いてよい思いをしない人も多いことでしょう。だからこそ、一発で合格したいものです。ここでは、適性試験の本質を知って、一発で合格するためのポイントを学びましょう。
■適性試験とは
そもそも、適性試験とは何なのでしょうか。適性試験(適性検査と呼ばれることもあります)は、免許を取得したいその人がどのような自動車を運転することが出来るのかということを公的に審査する試験です。適性試験の項目としては『視力・聴力・色彩識別能力・運動能力』などがありますが、合格の基準値は、取りたい自動車免許の種類によって合格となる基準が変わります。仮に、学科試験や技能試験に合格していた場合であっても、適性試験の合格基準に達しなかった場合には、運転免許は交付されません。ただし、適性試験の結果が下位の免許の基準に達していた場合には、下位の免許を取得することが出来ます。例えば、適性試験によって自動二輪の基準には達しなかったものの、原付の基準を満たしていれば、原付免許は交付されるということになります。

■適性試験の各項目における合格基準
ここからは、適性試験の各項目について、合格基準がどの程度なのか、具体的な数値を見ていきます。

<視力>
視力の場合、コンタクトレンズ・メガネ・レーシックによる視力矯正後の数値でも構いません。

=一種免許(大型自動車・けん引免許を除く)・大型特殊・自動二輪・普通仮免許=
・両眼で0.7以上
・片眼で0.3以上
・片眼が0.3未満の場合は他眼の視力が0.7以上で視野が左右150度以上

=二種免許・中型自動車・大型自動車・けん引・大型仮免許=
・両眼で0.8以上
・片眼で0.5以上
・深視力検査3回の平均誤差が2cm以下

=小型特殊・原付免許=
・両眼で0.5以上
・片眼が見えない場合は他眼の視力が0.5以上で視野が150度以上

<色彩識別力>
運転免許の種類に関係なく、赤色・青色・黄色の識別ができることが条件です。

<聴力>
=一種免許(大型自動車・けん引免許を除く)・大型特殊・自動二輪・普通仮免許・小型特殊・原付免許=
日常の会話を聴取できることや、10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえることが条件です。ただし、補聴器の使用は可能です。

=二種免許・中型自動車・大型自動車・けん引・大型仮免許=
補聴器を使わずに、日常の会話を聴取できることや、10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえることが必要です。

<運動能力>
=一種免許(大型自動車・けん引免許を除く)・大型特殊・自動二輪・普通仮免許・小型特殊・原付免許=
自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないことが条件です。障害がある場合には、補助手段を使うことによって支障がなければ可能です。

=二種免許・中型自動車・大型自動車・けん引・大型仮免許=
障害がないことが条件です。

以上のような内容となります。基本的には落ちることは少ない試験ですが、万一心配がある場合には、事前に自動車教習所に相談することなどが必要そうです。
関連記事
スポンサーサイト
   
鈴のプロフィール

THE寿

Author:THE寿
某大手化粧品メーカーの下っ端雑用係の鈴です^-^
職業:OL/居住地:路地裏/趣味:統計学と易学/特技:もぐら叩き/好きな食べ物:いちご

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR