THE寿

鈴がきままに書き綴る日記

 

2014年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の死のあとで

母は33年前に55歳で亡くなりました。くも膜下出血でした。4月6日に倒れて意識不明になり、そのままずっと意識を取り戻さないままで4月15日に亡くなりました。母の妹である叔母が二人と、姉である叔母が1人、九州と東京から来てうちに泊まっていました。母の一番下の妹である叔母が、母の入院中、「なんだかうちの中にもう1人いるみたい。よく階段を上っていく足音がするけど」などと言っていました。
母が亡くなる前日に、私は二階の自分の部屋で近所の子の家庭教師をやっていたのですが、何か階段の下の玄関に人が来たような物音がしました。でも夜だったし、チャイムも鳴らなかったのでそのままにしていたら、生徒の子が「誰か玄関に来ましたよ。」と言うのです。彼女も聞いたということは気のせいではないと思い、玄関に降りて見てみましたが、誰もいませんでした。どうも怖かったのですが、「気のせいみたい」と笑って生徒に言って、そのまま授業を続けました。今思うと、その時母の魂が家に戻ってきたのかもしれません。

続きを読む

スポンサーサイト

アンドロイドアプリ Photo Editor

私がよく利用しているアンドロイドアプリ、それはPhoto Editorというアプリです。
スマホで簡単に写真編集と補正が出来てしまう優れものです。

今まではスマホで写真を撮ってちょっと高度な編集をしようとすると、
やはりパソコンにかなうものはなく、わざわざPCに写真を取り込んでphoto shopで加工し、
またスマホへその画像を送るという作業をしていました。
もちろんPC上で専門的なソフトを使えば仕上がりは素晴らしいものになりますが、
手間であることには変わりありません。

続きを読む

怖さが無い心霊体験

今から20年程前になりますが、家族旅行で岐阜県の高山周辺に行きました。
2泊3日の予定で高山周辺をぐるりと回る予定で、1泊目の旅館に午後3時くらいに着きました。
そこから、きれいな川が見えたので、父親と兄の3人で川沿いの道を車でドライブすることにしました。
ドライブを始めて30分くらいしたところ、トンネルとその前方に分かれ道が出てきました。
どっちに進もうかと話をしていましたが、物凄く嫌な感じがし始め、一人違う方向を見ていました。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。